試される大地から

プログラミングのTipsや人生論、英語学習の話題など綴っていきます。

行き過ぎた正社員信仰が身を滅ぼす

日本では正社員信仰が根強いと感じる。

起業したり自営業となったりするよりも、大企業に入って正社員になる方が人生は安泰だという考え方だ。もちろんフリーターや派遣という形に甘んじるよりは正社員のほうが待遇がマシなのは事実だろう。しかし、正社員だからこの先も安心という時代はとうの昔に終わっている。

多くの人は大企業に就職して正社員となるか、公務員という道をとかく選びたがるのだが、日本の衰退がいよいよ強まれば身動きのとれないゆでガエルと化すだろう。

正社員で居続けることは人生の自由を売り渡すこと

正社員は安定していると思うかも知れない。

しかし、その安定とはキャリアの選択肢・移動の自由を会社に売り渡すことによって得られるものなのである

行き過ぎた正社員信仰が会社の言うことを聞くことでしか生きていけない人間を生み出す元凶になっていると思う。

日本では正社員の立場にしがみつこうと思えば、不本意な配属・転勤・配置転換を断ったりすることはほとんど困難である。もしもそんなことをすれば仕事を干されるか、将来的なリストラ候補になるリスクを増やすことになるだけである。

正社員であれば安定して金が入るので、目先の金には困らなくなるかも知れない。しかし、これから10年先20年先の日本は今よりもさらに厳しい経済情勢になっている可能性が高い。

会社の言われるがままに仕事をし続けたとして、この先の日本で本当に生き残れるだろうか?少なくとも僕は疑問である。

大手メーカーの正社員でも追い出し部屋行き&退職勧告を食らう時代

今の日本経済は衰退の一途をたどっており、一生社員を食わせていけるほど余裕のある企業はほとんどなくなってきている。一生会社にぶら下がるつもりでいたとしても、会社の業績が悪くなった場合に、一気に梯子を外される可能性もある。

日本では解雇規制が厳しいため、特に労働組合の強い大手企業電機メーカーなどでは大規模な人員削減をするのに希望退職を募るという形にならざるを得ない。

しかし、それでは本当に止めてほしい人間を決め打ちでやめさせることができないので、近年の大手電機メーカーでは『追い出し部屋』が存在すると言われる。

ソニーやパナソニック、NECといった企業でさえ追い出し部屋のような部署を作っており、辞めさせたい社員を追い出し部屋を送り込み、ろくに仕事を与えないとか、転職するよう遠回しに勧告するといった手法を駆使して精神的プレッシャーを与え、退職に追い込むのである。

大企業の正社員であっても安心はできないのである。

webstation-plus.com

切り捨てSONY リストラ部屋は何を奪ったか

切り捨てSONY リストラ部屋は何を奪ったか

今の20代は退職金をもらえないと覚悟すべきだ

正社員であれば退職金をもらえると無邪気に思い込んでいる人間が多いのだが、僕を含めた今の20代は退職金をもらうことはできないと考えるべきだろう

今の20代の若手社員は退職金は一切もらえないものと思ったほうがいいだろう。そもそも20年、30年と勤め続けなければもらえないような金を当てにすることはリスクでしか無い。

いまは大企業の社員でも公務員でも、退職金規定が改悪されているケースが多い。今後も日本企業はコスト削減の旗印のもとに退職金規定の改悪を続けていくだろう。そして若手社員にそうした悪い流れを止めることは不可能である。

ぼくらが年をとって退職金をもらえるような勤務年数になったとしても、以前とは比べ物にならないほど小さな金額になっている可能性は高い。下手をすればまったくもらえないという結果になりかねない。

退職金を当てにした人生設計はリスクでしかなく、もらえるかどうかもわからない金の為に正社員を続けることはキャリア上の機会損失を招く結果になる恐れがある。

bank.epark.jp

今後、若手が目指すべきこと

正社員というポジションは『安定している』代わりにに昇給もほとんど望めない。

リスクを取って自分でビジネスをするか、実力主義的な雇用形態でなければ劇的に給料が上がることはない。給料を上げたければ正社員にしがみついていては駄目なのである

これからの日本において正社員にしがみつくことはリスクであり、人が本来持っているビジネス感覚を失わせる結果となりかねない。これからの世の中で本当に頼れるものは会社でも国でもなく、自分自身のスキルと資産なのである

スキルを身につけるためには正社員として不必要に長い下積み(雑用)期間を過ごすことは何の役にも立たない。フリーランスでも業務委託でもいい。とにかくスキルの付く形で業務をしなければ経験値は上がっていかない。

僕らがこれから生き延びていくためには、日本の大企業で正社員となることではなく、金になるスキルを身に付けて日本の外でも生き抜く力を付けていくことなのである。