試される大地から

プログラミングのTipsや人生論、英語学習の話題など綴っていきます。

e-taxで確定申告は意外と便利

今年は雇用形態上、確定申告が必要となったため、e-taxで確定申告をすることにした。

www.e-tax.nta.go.jp

今の所完全に終わっているのは前職の源泉徴収分だけではあるが、わりとすぐに終わったので意外だった。今ちょうど自分の事業分の売上データを作成しているところである。ネット上では面倒くさいという声も結構多かったのだが、年々簡略化が進んでいるらしいのでe-taxでの確定申告はもっと広がってはいいのではないかと思う。とはいえ、ある程度PC周りのスキルも要求されると感じた。

マイナンバーカードとカードリーダーは必須

実は昨年の間にマイナンバーカードを役所に申請して、作っておいたのでカードを申請する手間はなかった。

マイナンバーカードを作っておくと、コンビニで住民票や戸籍謄本を取れるので、便利かなと思って作っておいたのであった(平日に役所行くのって結構手間だと思う)。ただし、申請・受け取りで役所に2回は訪問しなければならないのが手間ではあるが。

マイナンバーカードは持っていたまでは良かったものの、マイナンバーカードでのe-taxにはカードリーダーが必要だという事実を突きつけられたのであった。至急以下の記事を見てカードリーダーの選定。

ehumaga.com

メジャーどころは以下の2つのカードリーダーということらしい。Mac/Windows両対応のものが欲しいならNTTコミュニケーションズの方だが、ソニー製のPasoliはWindowsのみ対応となっているが、ICカードの確認やチャージにも使えるということで、僕は都内の量販店でPasoliを購入した。

NTTコミュニケーションズ 接触型 USBタイプ ICカード リーダーライター ACR39-NTTCom

NTTコミュニケーションズ 接触型 USBタイプ ICカード リーダーライター ACR39-NTTCom

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

カードリーダのセットアップとe-taxソフトをインストール

僕の買ったPasoliはUSB接続するだけでドライバが入り、あとはウィンドウが出てセットアップ完了するところまで行ったのでそれほど大きな手間ではなかった(ただし、1度PCの再起動が必要)。

ちゃんとWeb版のインストールマニュアルもある。

www.sony.co.jp

さらに、e-tax用のソフトをダウンロードしてインストール。これも手順に沿ってポチポチボタンを押しながら進む。

www.e-tax.nta.go.jp

マイナンバーカードのパスワードに注意

e-taxでの作業中にはマイナンバーのパスワードが要求されることに注意する必要がある。マイナンバーカード申請時に記入した共通番号と電子証明書の暗証番号の控えを見ながら記入する必要がある(※何回も間違えるとロックされてしまう)

f:id:incodethx3932:20190311231513p:plain

  • カード内共通番号 (4桁の数字)
  • 署名用電子証明書 暗証番号 (6~16桁の英数字)

源泉徴収票とレシート類・帳簿をみながら記入

Windows利用者はe-taxで確定申告をする場合、操作をInternet Explorer上で行わなければならない。非常に残念な仕様である。

ここはお役所の作ったシステムだなーという感じか。MacならばSafari上から確定申告をすることができる。

【確定申告書等作成コーナー】-作成コーナートップ

f:id:incodethx3932:20190311232323p:plain

f:id:incodethx3932:20190311234045p:plain

給与所得者であれば源泉徴収票を見ながら記入するだけなので非常に楽。だいたい給与総額・源泉徴収額・社会保険料・生命保険の項目を埋めればいいのですぐに終わる。自営業者ならばもう少し面倒で、レシート・領収書類をまとめ上げてひたすら計算していく。

初めての確定申告なので、やはり簿記の知識不足と感じる。そのうち本格的に勉強しないといけないかな・・・

参考

sedori-kakuteisinkoku-hanbai.com

sedori-kakuteisinkoku-hanbai.com