試される大地から

プログラミングのTipsや人生論、英語学習の話題など綴っていきます。

【努力論】努力が報われないのは、目標が高すぎるか才能が足りないから

f:id:incodethx3932:20190227214638j:plain

努力が報われないと嘆く人は多いが、そもそもちょっと頑張ったくらいで思い通りの成果を出そうとしている人間が多すぎやしないか。

僕の意見では、ほとんどの人間は大した才能も自制心もないのに目標を高く置きすぎている。努力が報われないと多くの人間が勘違いする大きな要因である。

努力が報われないのではなく、期待値を上げすぎているのだ

そもそも『努力が報われる』という言葉の意味は何だろうか。

僕なりの言葉で言うと、これは達成したい目標が練習や学習の積み重ねによって、望み通りに達成された状態だと定義できるだろう。しかし、『報われる』ことを前提として努力を続けることは非常に危険である。

結局のところ、努力が報われるかどうかは個々人の目標の置き方次第なのである。

はっきり言って世間の多くの人間は目標設定の仕方がヘタクソだ。みんな自分を過大評価し、才能に比して目標を高く置きすぎる傾向がある。そして高すぎる目標は得てして達成できないものである。

身の丈に合わない目標を設定して、それを達成できないから報われないという考えだと、ほとんどの努力が報われないことになってしまう。

f:id:incodethx3932:20190227215742p:plain
『努力が報われる』の基準が高すぎるのではないだろうか

【仕事から猫?】AKB高橋みなみが叫んだ「努力は必ず報われる」を今更ながら調査! – ニュースサイトしらべぇより引用

前より少しでも良くなればOKと考えること

近視眼的な結果ばかり追い求め、目標を達成できないだけで、努力が報われないと考えるのを今すぐやめることだ。

勉強なりスポーツでも仕事でも何でも良い。ある程度練習を積んだり何かを頑張ったなら、それなりの成果は出るものだ。しかし、多くの人間は欲ばかりが先行してしまって、前よりもちょっと良くなったくらいでは満足できないというだけなのだ。目標が達成できないことと、努力が報われないことは違うのである。

努力して前より少しでも良くなったならそれでOKと考えることである。つまり、評価基準を自分の外ではなく、自分の中に置くことである。

そうすればいちいち周りの人間と自分を比べて落ち込む必要もない。短期的な成果は小さくとも、長期的に少しずつでもいいから前進するほうがよりよい結果につながる(自分の思い描いた結果かどうかはともかく)。

絶対に努力が報われたいのなら、目標を下げるか、もっとも得意な分野に注力すること

まず誰でもできることとして、目標を下げることだ。

背伸びした目標は参考程度にとどめ、50〜60%程度の確率で達成できるような目標を設定するのが良い。もしも目標が物足りないのならば、あとから目標を高く設定し直せばいいだけのことである。

達成できるかわからないような目標を設定しても、達成できなかったときの無力感が増すだけで何もいいことはない。

高い目標ばかり立てることは、高尾山も踏破したことがないのに、エベレストに挑戦しようとするようなものだ。

f:id:incodethx3932:20190227220331j:plain
高い目標を達成できることが『報われる』ことではないのだ

さらに大事なのは、自分がもっとも得意な分野に注力することである。自分が一番好きな分野ではないことに注意して欲しい。とにかくあなたが現時点でもっとも成果が出せる分野に注力することだ。いかなる努力も、自分の得意分野に投入してこそ最も輝くのだ。

〜〜〜

僕は、あまり得意でない数学の学習に時間を使いすぎて苦しんだ経験がある。大学受験生のときは東大をはじめとする最難関大学に行きたくて数学を中心とした勉強をしていたが、思うように成績が伸びず、周りの優秀な人間とのギャップに苦しんでいた。その後結局東大にも行けなかった。

そして数年たち大学院を卒業し、いい加減英語を話せるようになりたいと思い立って、就業後に英語学習に取り組むようになった。たった1年で、あっという間にTOEICのスコアが伸び、今では英語を話せるようにもなった。勉強時間は1日あたり平均1~2時間程度であった。あれだけ学生時代に数学を頑張って、思うような成果を上げられなかったのが嘘のようだった。

結局僕は社会人になってから、数学よりも語学のほうが圧倒的に適性があることに気づいたのである。

最後に

あんなに頑張ったのに、勉強したのに、という被害者的な視点で努力云々を語る前に、まずは高すぎる目標を掲げていないか、そもそも自分に向いたことをやっているかを考えるべきだろう。そして、可能ならば自分がもっとも得意な分野に時間を投入することから始めるべきである。

そこまでやっても結果が出ないとわかったなら、そこではじめて努力をやめればいいだけの話である。

『努力は報われない!』と声を大にして叫ぶ前に、各々ができることはたくさんある。

参考

www.sanperidonhappy.com

zashii.hatenablog.com

news.careerconnection.jp