試される大地から

プログラミングのTipsや人生論、英語学習の話題など綴っていきます。

Railsエンジニアになって1年、今更Rails Tutorialを始めた

f:id:incodethx3932:20190226190154p:plain

久々の技術ネタ。WebエンジニアらしくRailsの話をしていく。

さすがにRailsの理解度をもっと高めないとな〜と感じ、業務の合間にRailsの勉強をしている。恥ずかしながら僕自身Railsを1年近く仕事で触っていながら、Rails Tutorialを終えていなかったのである。いい加減挑戦しようかなと思い始めた今日このごろである。

railstutorial.jp

Rails Tutorial開始にむけて環境構築

Rails使いのWebプログラマならば、当然rbenvは入っているものとして環境構築を進めていく。

$ cd ~/Desktop
$ mkdir rails_tutorial
$ cd rails_tutorial
$ rbenv install 2.6.1
$ rbenv local 2.6.1

$ rbenv exec gem install rails bundler
$ rbenv exec rails new hello_app
$ cd hello_app
$ bundle install
$ bin/rails s

rbenvでのrubyインストールは環境下が、rails起動しただけでエラーが発生、なぜだ・・・! と思ったら、ちょうどいいQiita記事を発見。

qiita.com

sqlite3がバージョンアップしたことで、Railsが想定していないバージョンとなり、エラーが発生したようだ。Gemfileを編集してsqliteのバージョンを1.3.6と指定するとエラーが解消した。

最新版のrailsではこの問題は修正されているようだうーむ、何と紛らわしい。

やはり、RailsがベストなWebフレームワークだ

今の所、Rails以上のWebフレームワークは見当たらないと思う。LaravelやDjangoも少しいじってみたのだが、どうも野暮ったいと言うか、垢抜けないところがあって、満足できなかった。

Railsも完璧なソリューションとは言い難いが、現時点でのベストなWebフレームワークであるように思う。これからの長いWebプログラマ人生、着実にRails関連のスキルを上げていくことが必要となるだろう。

以下は、今日買った本。積読中のRuby/Rails本も少しずつ消化していきたいと思う。

book.mynavi.jp