試される大地から

プログラミングのTipsや人生論、英語学習の話題など綴っていきます。

子供への早期プログラミング教育は無意味

f:id:incodethx3932:20190220234708j:plain

日本では2020年度からプログラミングが必修になるという。

実際にプログラミングをするわけではなく、日々の授業を通して「プログラミング的思考を養う」というなんともよくわからない理由付けで始まるのだそうだ。実際にプログラミングをしないのにも関わらず、子供に「プログラミング」をやらせないといけないのではないかという懸念を抱く親は相当数いるようだ。

学校教育は一旦置いておくとして、実際プログラミングの早期教育に意味があるのだろうか?

僕はWebプログラマという立場で働いているのだが、早期からのプログラミング教育に肯定的かというと、全くの逆で否定的な立場をとっている。早期プログラミング教育は大きな効果が期待できず、既存の教科の比重を下げてまで学ぶべきものではないと考えている。

僕のケースではプログラミングを開始したのは大学に入学した直後からであるが、個人的にプログラミングを開始するタイミングとしては高校生〜大学生の間がちょうどよいのではないかと思う。

学校や塾の教育で、よいプログラマは育たない

腕の良いプログラマが大学・専門学校・塾といった教育機関でプログラミングを身に付けたかというと、答えはNOである。

学校教育で期待できるプログラミング教育など、所詮以下のようなレベルなのである。

プログラミングの各種スキルは受動的な姿勢では絶対に身につかない。いまバリバリコードを書ける人たちは、アプリやゲームをつくりたいという具体的な目標があったり、なにかしら作るのが楽しくて熱中していたからこそプログラミングが上達したのである。将来のためと思って始めたわけではないのである。

間違っても大学や専門学校の授業のおかげでいいコードが書けるようにはならない。授業だけでは、通常時間はまったく時間は足りないのだ。授業はおまけ程度のもので、目標のある人間は自分でコードを書いてどんどん上達していくが、なんとなく授業を受けるだけで、家でコードを書かない人間は、本当にそれなりのレベルにしかならないものだ。

僕が大学にいたころ、情報系にもかかわらず自発的にコードを書かない人間はごまんといた。そうした連中のレベルは大概イマイチだったものだ。出来る連中はゲーム制作に凝っていることが多かったと思う。

プログラミングへの適性は個人差が大きい

プログラミングというのは、実は適性の有無が大きく問われる分野である。誰でも努力すれば高みを目指せるというわけではない。向いていない人間はとことん向かないということが有りうる分野なのだ。大学の情報系学科に進学した人間でも、なんとかついていこうとしたけど、最後まで興味が持てず大したスキルが身につかない人間も一定数存在するのである。

www.aoky.net

興味が無いのに無理やりやらされるものほど苦痛なことはない。興味のある人間が必要に応じてプログラミングをやればいいのであり、向いていない人間が無理にやる必要は無いと思う。プログラマ以外にも世の中には職業はいくらでもあるから、各々が適性のある分野に注力するのがもっともよい道で会る。

子供のうちは、大したものはつくれない

プログラミングの最中、数多の英単語を目にすることになる。プログラミング言語の文法や予約後は英語由来のものであることがほとんどで、英語の意味がまったくわからないうちからプログラミングをやると子供はつらい思いをすることになる。それなりに難しいことをやろうとする場合は基礎的な数学の知識も要求される。

子供のうちはどうしても大人に比べると未熟で知見も少ないから、どういったものをプログラミングを通して実現するかというアイデアがなかなか思い浮かばないものである。なぜプログラミングを学びたいのかという動機やモチベーションを保ちづらいのだ。

ゲームに興味があるからとゲームを自作しようとしても、飽きて辞めてしまうか、あまりのハードルの高さに諦めてしまうかになるだろう。

よほど知識豊富な人間が子供のそばに居てフォローできれば一番いいのだが、そうでない場合はなかなか子供へのプログラミング教育ははかどらないものである。

プログラミングよりも算数(数学)・英語・遊び・スポーツに集中すべきだ

ぼくは、小学生のうちは週2程度で公文や普通の塾に通うくらいでも十分で、遊びやスポーツ中心でも問題は無いと思う。プログラミングをやるなら小中学生のうちに算数(数学)・英語がある程度のレベルに達することが大事だ。

あえてプログラミング教育を早期からやったとしても、大したアドバンテージにはならないだろう。プログラミングは音楽やスポーツとは違い、早期にやるほど有利になるという性質のものではない。あとから始めた人間にもあっさり抜かれるというようなことが起こりうる。

プログラミングをやるほうが有利だからと、中学受験塾のような感覚で子供をプログラミング塾に通わせるようなことがないことを願うばかりだ。

参考

president.jp

tomokazu-kozuma.com