試される大地から

プログラミングのTipsや人生論、英語学習の話題など綴っていきます。

ZOZO社長・前澤友作という男について思うこと

f:id:incodethx3932:20180703135936j:plain

Twitter上での本業集中宣言を出した、ZOZOTOWN社長の前澤友作。

今までは本業に集中してこなかったのかというツッコミが多方面から出そうなツイートではあるが、このツイートの直後には一時株価上昇に転じるなど、前沢のツイートがZOZO経営上のリスク要因とみなされていたことは間違いないだろう。

カネ以外の魅力がない自己顕示欲モンスター

多額の資産を持っていることが成功者の証であることは疑いようがない。しかし、金以外の魅力があまりにもなさすぎるのではないだろうか。

宇宙旅行をするのもプライベートジェットでW杯を見に行くのも勝手だし、僕のような貧乏人にはまるで想像のつかないことだが、ZOZOの宣伝の体で自己顕示欲を満たそうとしているように見えてしまう。

f:id:incodethx3932:20190213230108j:plain
猿面がいくらか美化された自画像

サエコや剛力彩芽といった芸能人と付き合い、数々の浮名を流してきているが、結局は相手の女が好きというよりは、有名人であるということが好きだったというべきだろう。すべてが『有名人と付き合える俺』アピールの延長なので、どうしても行動が薄っぺらでミーハーに映る。

それだけに飽き足らず、この前は総額1億円の現金プレゼントという何とも太っ腹のようでいて下品な売名行為を行ったことでも世間を騒がせた。

金持ちが必ずしも人格者である必要はないと思うが、前澤の場合は成金趣味がすぎるし、金で貧乏人や乞食を釣って遊んでいるようにしか見えないのである。

女だけではなく、世間での人気も金で買えると増長しているのだろう。行動が下品で、いくら金があったとしてもこんな人間を尊敬する気にはならない。

とある5chまとめサイトのコメントで『金で嫉妬は買えても、尊敬はムリ』というコメントを見たが、これは至言であると思う。

無駄遣いできるほどの金を、なぜZOZO社員に還元しないのか

一説には一回あたりの食事代が500万を超えることもあるという前澤だが、それだけの金がありながらなぜZOZOの社員に還元することができないのだろうか。

www.sanspo.com

今は東証一部上場企業となったZOZOの創業者だから、もらった報酬や株の配当をどう使おうが勝手だという考え方なのだろうが、これだけ大きくなった企業の社長というのは何をしても勝手ということはなく、公人という立場の人間なのである。

ZOZOは給料が一律ということでも話題となったが、実際は非正規社員の構成比率が67%にも登り、他の企業と比べても非常に高い数値となっている。

news.yahoo.co.jp

社員が社員の悪口を言うのは最悪なんですよ。だから給料の差とか成功報酬を過激にやりすぎると、『あいつはこうだよね』とか変なことが起きるので、透明性を持ってやっている」

ZOZO「給料一律同額」に驚き。平均年収と社員のホンネは? | bizSPA!フレッシュ

好きなことをやるために一つ屋根の下に集まっているのですから、社内で無駄な競争などしません。全社員基本給は一律ですし、ボーナスも全員同じ。いい時はみんなで分け合うし、悪い時は共同責任という考え方です。

働くなんて「余暇活動」でいい ボーナスは同じ|出世ナビ|NIKKEI STYLE

給料が一律ということでいかにも公平であるかのように見えるZOZOだが、正社員の比率が半数にも満たないという現実があり、平等あるいは競争が無いというのは欺瞞もいいところだ。あれだけ金持ちアピールをしておいて上記の発言になるのもまったく整合性がとれないのではないか。

金持ちアピールをすることで嫉妬や反感を買うだけではなく、自社の従業員のモチベーションを下げているのである。この程度のことにも気づかないのはあまりに鈍感すぎるからか、あるいは自己顕示欲が抑えきれない結果なのか、前澤以外の人間には不明である。

社長としての器ではない

これは僕自身の見解となるが、はっきり言って前澤友作という男は経営者としては全くふさわしくないと考える。自己顕示欲を満たすための金持ちアピールを繰り返していれば客離れは止まらないし、従業員のモチベーションを保てない。そして前澤の失言リスクがZOZOの成長には足かせとなるはずだ。

いままでTwitterで遊んだり、さんざん旅行をしていて週3日勤務でもZOZOは回っていたのだから、前澤がいなくても会社は問題ないということである。

社長は経営の素人ではないプロに任せておいて、前澤は会長職にでも退いて、遊びつつ仕事アピールをしておけば一番丸く収まるのではないだろうか。