試される大地から

プログラミングのTipsや人生論、英語学習の話題など綴っていきます。

【英語学習】TOEIC L&Rスコア900を目指す!本当に使える参考書と使い方を公開

僕が本格的にTOEIC L&Rに取り組んでいたのは2016年4月〜2018年1月にかけての約1年9ヶ月にかけてですが、その過程で僕が使った参考書とその問題集のうち、使えると思ったものを公開したいと思います。

スコアが低いうちは無理にTOEIC公式問題集をやらなくてよい

TOEIC公式問題集だけをやり込む勉強法が存在します。僕の意見としては、あまりおすすめできません。そもそも模試をやるのって、結構きついからです。

スコアが低いうちは1回分を終えるのも一苦労ですし、リスニングは聞き取れない問題が多く嫌気がさしやすい時期です。途中で脱落する可能性大です。なにより公式問題集の収録問題数が少ないので、新しい問題に対する演習ができないという難点があります。

僕の場合、TOEIC公式問題集(しかも韓国版)に取り組んだのは、スコアが850を超えた時期からでした。

marobro.com

スコアが低いうちは勉強の習慣が定着していないことが多いので、まずはとっつきやすいところから始めるべきだと思います。僕は単語とPart5対策から始めることをおすすめします

また、使う参考書に関しては僕が以下に挙げる本でなくてもいいと思いますが、分厚い本は避けるのが無難です。分厚い本は続けていくうちにモチベーションが下がり、途中でやめてしまいがちだからです。

分厚い本や公式問題集をやり込むのはスコア800超が見えてきた段階からでも十分間に合います。個人的には、朝日出版社TOEIC対策シリーズが、文庫本サイズで持ち運びに便利、1周終わらせるのに時間がかかりすぎないので良いと思います。

おすすめ参考書一覧

下記は、僕が使った参考書の中で『役に立った』と思ったものだけを選び出しました。以下の本は僕のやった参考書のうちの一部であることにご注意願います。

単語

TOEIC L&R でる単特急 金のフレーズ (通称: 金フレ)

これは単語帳の中ではダントツにおすすめです。TOEIC頻出の英単語がコンパクトにまとまっています。金フレに取り組んだのはTOEICスコアが900にあと一息と迫ったときでしたが、もっと早くやっておけばよかったと感じたくらい。本書記載の単語が9割がたわかるレベルになると、TOEICで未知の単語に出会うこともほとんどなくなります。

リスニング対策

瞬間英作文シリーズ

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス(CD付) (CD BOOK)

ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス(CD付) (CD BOOK)

瞬間英作文シリーズでもっともおすすめするのが上記の2冊になります。『瞬間英作文』は知っているけど、TOEIC対策とは関係ないんじゃ?と思うかもしれませんが、僕にとっては抜群に効果があったのが瞬間英作文シリーズです。TOEICの模試は基本的に退屈な問題が多いので、最初からリスニング問題をこなす勉強をやろうと思うと、聞き取れない・つまらないの二重苦で脱落しがちです。

瞬間英作文にしても決して楽しい勉強法ではありませんが、ダラダラと演習を続けるよりは確実に効果があると思うので、まずは上記2冊でリスニングの基礎を固めることをおすすめします。使う際はできるだけ、実際の発音を真似てください。

※使い方の詳細は過去記事を参照 www.geektrainee.com

リスニング問題演習

難化対策というくらいなので、この本に取り組む前にある程度の実力は欲しいところです。国内のPart1・2対策本はあまりいいと思える本がないのですが、日本で出版されている本の中では比較的なマシな部類だと思います。

メガドリル TOEIC® TEST リスニング

メガドリル TOEIC® TEST リスニング

瞬間英作文をある程度こなし、リスニングのスコアが420以上が安定して出せる程度になってきたら取り組みたい本です。問題量が多いのでリスニングになれるのに使えます。使い方は、とにかくやり込む以外にはありませんTOEICスコア800台後半に達するには、結局多少しんどくても勉強を継続するしかありません。英語の勉強が習慣化した人でないと使いこなすのは厳しいです。

文法問題(Part5)対策

新TOEIC TEST パート5 特急 400問ドリル

新TOEIC TEST パート5 特急 400問ドリル

この本には問題が400問あり、TOEICの出題形式に慣れるのに使えます。TOEIC旧形式に準拠した本ですが、基礎固めとして使うのが良いと思います。新形式の問題がいかに難しくなったかが実感できると思います。

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

問題数はそれほど多くないが、TOEIC出題の引っ掛けや落とし穴を学ぶのに役立ちます。全部やりきるのにそれほど時間がかからないので、達成感を得やすいのも良いです。

長文問題(Part7)対策

メガドリル TOEIC® TEST リーディング Part 7

メガドリル TOEIC® TEST リーディング Part 7

個人的にPart7対策で一番使えると感じたのがこの本です。問題は韓国のトマトTOEIC模試より抜粋しているそうですが、出題形式はTOEICにうまく寄せており、TOEICらしさが出ていると感じました。問題の分量も十分あります。問題を解く中でわからない単語もチェックできると、TOEICの単語対策になります。

あまりいいPart7対策本がない中で、実用性は十分、存在感の光る本だと思います。ただし、普段持ち歩くには分厚く重たいので、自炊(裁断+電子化)するのがベストです。

おすすめできない参考書

DUO 3.0

DUO 3.0

DUO 3.0

有名な大学受験用の単語帳。TOEICに出てくる語彙とはカバーしている範囲が違うので、TOEIC対策には使えません。僕はTOEIC対策開始初期にDUO3.0を使いましたが、あまり役に立たなかったのでガッカリした記憶があります。

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

問題が多すぎて最後まで終わらない可能性大です。僕も半分やったところで脱落しました。そして、同じタイプの問題が大量に並んでいるので、あまりトレーニングになりません。別にこの本をやらなくてもTOEIC900は取れるので、無理にやり込もうとする必要はないでしょう。

僕の考える、TOEIC参考書をこなす順序のイメージ

スコア〜600

このレベルはPart5, 6で時間がかかりすぎているケースが圧倒的多数で、まずは一番とっつきやすい単語と文法をやって英語学習のペースをつかむことが必要です。リスニングは特にやらなくてOKだと思います。

  • TOEIC L&R でる単特急 金のフレーズ (金フレ)
  • TOEIC TEST パート5 特急 400問ドリル
  • 文法確認用の参考書 (必要に応じて。大学受験用のものでOK)

スコア600〜750

ある程度文法の基礎がついたら瞬間英作文を開始できます。この段階でもリスニングの演習は絶対にやらなければならないというほどでもありません。リーディングも特に長文はやらなくて良いと思います。

リスニング対策には瞬間英作文、リーディング対策には金フレと文法特急が良いと思います。これらを同時並行でやっていくのが理想的です。

  • TOEIC L&R でる単特急 金のフレーズ (金フレ)
  • 1駅1題 新TOEIC TEST文法特急
  • TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編
  • どんどん話すための瞬間英作文トレーニン
  • ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス

スコア750〜800後半

スコアが800に差し掛かってくるレベルになると、スコアUPのためには、もはや問題演習を避けては通れません。ここがもっともキツくなるポイントです。僕はメガドリルを勧めていますが、TOEIC公式問題集や韓国のTOEIC模試問題集を使うのもいいと思います。ただしTOEIC公式問題集は問題が少なく、新規問題に対する演習が不足してしまうのがネックです。

  • TOEIC L&R TEST パート1・2特急 難化対策ドリル (TOEIC TEST 特急シリーズ)
  • どんどん話すための瞬間英作文トレーニン
  • ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス
  • メガドリル Part 1,2,3,4
  • メガドリル Part 7

スコア900以上

もはや、ここからはTOEIC問題集による対策は意味がありませんTOEIC向けのテクニックを磨き、問題集をこなすことよりも根本的な英語力を向上させることを目指してください。英会話を始めていないのであればただちに始めるべきだと思います。

また、TOEIC L&Rだけではなく、S&W受験も検討してよい時期だと思います。英会話はSkype英会話が手頃で、レアジョブやDMM英会話などを使うのが良いと思います。

www.rarejob.com

eikaiwa.dmm.com

僕は、ニュース記事の教材を好んで使っています。